ワンピースバーニングブラッド 攻略

オススメ戦術(スタイル別バトル立ち回りかた)

ワンピースバーニングブラッド

■ バトル立ち回りかた
キャラによって得意な距離や、基本となる技の組み立て方は大きく異なる。


■ 近距離 オールラウンド&パワースタイル
パワースタイルは一撃の威力に優れる反面、技の出が遅い。
補うためには、フラッシュガードやカウンターなどが効果的になってくる。
コンボにダウンを奪える技を交え、起き上がりにプレッシャーをかける。


・オススメ戦術
相手のガードを想定しながら、コンボにガードブレイクを交えて攻める。
□連打で相手がガードするなら。途中からガードブレイクへ派生する。
□連打から必殺技につなぐコンボと、ガードブレイクへの派生で相手を惑わすことができる。


・操作キャラ
(例)ルフィ(2年前)
(例)ミホーク
(例)フランキ



■ 近距離 スピードスタイル
スピードスタイルのキャラは移動速度に優れ、技の出も小さめ。
その特徴を活かし、相手に反撃のチャンスを与えず、手数重視のラッシュで攻める。
前後左右のスピーディな動きで揺さぶりをかけ、相手のスキを誘うのも効果的。


・オススメ戦術
ガード不能の「竜の息吹」や無敵時間のある動物系「幻獣種」、アーマー効果のある「鮫肌拳底」などをラッシュにはさみ、相手に反撃のチャンスを与えないように攻める。

・操作キャラ
(例)コアラ
(例)サボ
(例)マルコ



■ 近距離 テクニック&トリッキースタイル
テクニックスタイルはスピードやオールラウンドのようにコンボを起点に積極的に攻めることができる。
しかしトリッキースタイルは必殺技の出が遅めなので、相手の反撃を受けやすい。
そこでまずは相手の出かたをうかがい、ステップ回避から反撃する。


・オススメ戦術
積極的に攻めてくる相手には、ステップ回避からの反撃。
逆にガードを固める相手には、ガードブレイクや「空中錐揉み大サーカス」のような投げ技で攻撃する。


操作キャラ
(例)バギー
(例)イワンコフ
(例)チョッパー



■ 中距離 オールラウンド&パワースタイル
中距離は技の選択肢の多いオールラウンドスタイルのキャラにとっては、闘いやすい間合いとなる。
一方のパワースタイルのキャラの多くは飛び道具を持たないので、距離を詰める手段が有効となる。
リーチのある技や↑+□などの飛び込み系の技を活用して、相手との距離を縮める。


・オススメ戦術
ジンベエは射程が短いが出の早い「打水」。
センゴクは「砲撃命令」でけん制。
ジョズは突進技の「ブリリアント・バンク」で接近する。


操作キャラ
(例)ジョズ
(例)センゴク
(例)ジンベエ



■ 中距離 スピードスタイル
スピードを活かして一気に相手の懐に入ることが得意。
基本は接近戦での闘いで攻めるようにする。


・オススメ戦術
飛び込みに適した技は、ルフィなら↑+□、マルコなら△、コアラは△。
特にコアラの△は相手の飛び道具を回避しながら攻撃できる。


・操作キャラ
(例)ルフィ(2年後)
(例)マルコ
(例)コアラ



■ 中距離 テクニック&トリッキースタイル
テクニックスタイルのキャラはスピードスタイルに近い回避からの飛び込みを狙う。
中距離で力を発揮しやすいのはトリッキースタイル。
トラップや弾幕で相手の動きを制限しながら、つかず離れずの間合いから相手の体力を削っていく。


・オススメ戦術
ロビンは△、L1+□。
モリアはコウモリの弾幕で間合いを保ち、ガード不能のL1+○を狙う。
ナミは雷雲を巻きつつ動きを制限しながら、L1+□で集中攻撃。


操作キャラ
(例)モリア
(例)ロビン
(例)ナミ



■ 遠距離
飛び道具を持つキャラが圧倒的に有利になる。 優位性を活かすには弾幕の張り方が重要となり、ただ飛び道具を撃つのではなく、タイミングを変えたり、ためが効くなら通常とためを撃ちわける。 しかし、飛び道具同士の撃ちあいでは、互いの弾が衝突して相殺されるケースも発生する。

・オススメ戦術
ウソップは△で自分の周囲にワナを設置。
青キジは相手を凍らせる△、↓+△。
バーソロミュー・くまは相手を吹き飛ばすカウンターの技のL1+○で迎撃して、間合いを広げる。


・操作キャラ
(例)ウソップ
(例)青キジ
(例)バーソロミュー・くま



[TOP]
(C)ワンピースバーニングブラッド 攻略
Game-End.com