ワンピース 海賊無双
ボス攻略


全ボス戦略一覧
パシフィスタ
「バーソロミュー・くま」を改造して作られた、非常に強力な人間兵器のパシフィスタ。
量産されたパシフィスタは肉球がなく、掌(てのひら)からも"レーザー"が発射できる。
"レーザー"は一直線に攻撃するタイプや、扇状になぎはらう攻撃があり暴走状態では無差別に連射してくる。
こちらの戦略は、パシフィスタの"レーザー"攻撃などをさけて、背後に回り込んでから攻撃するようになる。
このステージは海兵が次々と出現してくるので、必殺技ゲージはすぐに溜められる。
ゲージが溜まったら"ゴムゴムの象銃(エレファントガン)"でダメージをあたえよう。
またパシフィスタは体力が半分以下になると、暴走して攻撃が激しくなり移動もすばやくなる。
足踏み後は激しく無差別に"レーザー"を発射してくるのでレーザー発射後のスキをねらって攻撃を当てて気絶させよう。
この時にダメージアクションコマンドで強力な攻撃をしかけて、パシフィスタの体力を大きく減らせることが攻略のポイントになるだろう。

バギー
ロジャー海賊団の見習い船員をしていた戦歴をもつバギー海賊団の船長で、バラバラの実の能力者のバギー。
体を分裂させたり、ナイフ投げなどで攻撃してくる。
バギーとの対戦では、まず先に出現する敵の海賊団を倒しとこう。
そして飛んでくる砲弾を"ゴムゴムの風船"ではね返すと大砲が破壊できる。
"バギー玉"をはね返すと、ダメージを受けたバギーは下に降りてくるので、バギーが分裂したら足を追いかけよう。
足の範囲内でR2ボタンを押すとリアルタイムイベントが始まるのだが、足の進む方向に先回りしとけば範囲内に入りやすく、入力も成功しやすくなる。
バギーの体力がなくなると、リアルタイムイベントが発生し、□ボタンを入力することで強力な"ゴムゴムのバズーカ"を発動してバギーにトドメがさせる。
素早く連打してテクニカルポイントを稼ごう。

ジュラキュール・ミホーク
王下七武海の一人にして世界最強の剣士と名高いジュラキュール・ミホーク。
ゾロとのバトルでは小さなナイフ一つで手加減しながら戦い、また巨大な船をも真っ二つにするほどの力がある。
前回のジュラキュール・ミホークとの戦いでは相手が手抜きとはいえ、すばやい突きと連続斬りなどとても強力な攻撃をしかけてくる。
戦法としては、宝箱から防御力アップのアイテムを入手して相手のダメージを減らしながら戦う。
そして数発ダメージを与えたらミホークから離れて、また攻撃するといったことを繰り返すようになるだろう。
ミホークの体力が半分まで減らせることができたら、リアルタイムイベントが発生してクリアとなる。

クリーク
「東の海(イーストブルー)」最強と言われたクリーク海賊艦隊をひきいる提督(ていとく)のクリーク。
クリークは固い鎧(よろい)で身を守り、全身の武器と特殊なヤリで攻撃してくるのが特徴だ。
最初のうちはクリーク一人だけが相手で、ヤリを使って攻撃をしかけてくる。
この時のヤリを振り回した後を狙ってダメージをあたえるのがこちらの戦法になるだろう。
ダメージを与え続け、クリークの体力ゲージが2本目になると海賊達が出現し、クリークが銃を使って攻撃してくる。
銃から槍に持ちかえるタイミングで、ショックマークが出るのだが、この瞬間が大ダメージのチャンスになる。
そして体力ゲージが残り1本になると、"M・H・5"で毒ガス攻撃をしてくる。
毒の範囲が広いので、大きく距離をあけ毒状態を避けよう。
クリークが上段に上がったら、リアルタイムイベントで攻撃できる。
リアルタイムイベントでルフィーが網にとらわれた状態で□ボタンの連打することで"ゴムゴムの大槌"が発生してクリークにトドメを刺せるようになる。

はっちゃん
タイヨウの海賊団の元船員でアーロン一味の幹部として「東の海(イーストブルー)」にやって来た はっちゃん。
6本腕のタコの魚人で、柔らかい体と6本の剣を武器に戦う6刀流の剣士だ。
はっちゃんは6本の剣を突き出す"新春蛸開げ体壊(しんしゅんたこあげたいかい)"というワザで突進して、こちらにダメージを与えてきたり、 "六刀の円舞曲(ろくとうのワルツ"という6本の剣を回転させて斬りつける強力なワザも持っている。
こちらの戦略としては、はっちゃんが突進してくる"新春蛸開げ体壊(しんしゅんたこあげたいかい)"の時に横に避けて背後に回りこんでからスキを狙ったり、 "六刀の円舞曲(ろくとうのワルツ)"を使うとショックマークが出るので、攻撃のタイミングを合わせてダメージを与えるということになる。
ショックマークはワザの"六刀の円舞曲(ろくとうのワルツ)"が終わると出現するので、この時を狙って攻撃し気絶させてダメージを与えればいい。

アーロン
太陽の海賊団を抜け、仲間を引き連れて「東の海(イーストブルー)」にやってきて、8年でコノミ諸島を力で制圧しアーロンパークを作り上げたアーロン。
アーロンは鋭い歯を使った"歯ガム"やノコギリのような剣を振り回して攻撃をしかけてくる。
こちらの戦法は"歯ガム"攻撃の後のスキをつくことだ。
アーロンは体力ゲージが残り2本になるまでは巨大な剣を振り回したり、剣を構えた回転攻撃などで仕掛けてくる。
"歯ガム"の攻撃が終わって巨大な剣を取り出す瞬間に、ショックマークが出現してダメージを与えられるチャンスが生まれる。
またアーロンの体力ゲージが残り2本になると建物の上段に逃げるので、つかみアクションで追いかければいい。
下段に海水が入ってきた時は、アーロンが海から攻撃してくるので、 回避に専念しなくてはいけない。
攻撃を避けているとでダメージを与えることができる。
リアルタイムイベントでは中盤での入力が多いので、この時にテクニカルポイントを大量に入手できる。

ラパーン×2
ドラム王国の雪山に住んでいて、うさぎの素早さにクマの体型を持ち合わせた巨大で凶暴な動物のラパーン。
雪玉を投げたり、クマのようにひっかいたりして攻撃してくる。
こちらの戦略は、2体のラパーンが同時に出現するので、どちらか1体に的(まと)をしぼって攻撃して戦うことになる。
またラパーンはジャンプ後にひっかく攻撃をくりかえすので、横移動で回避して疲れて寝るタイミングに攻撃をするようにしよう。
2体のラパーンを同時に相手にしたらキツイので、1体ずつ確実に倒せばクリアできるだろう。

ラパーン
ここでは、ルフィがラパーンと戦闘になる。
エリアに入って左側の広場のベンチに背負ってるナミをおろして休ませるのだが、ここのベンチはたき火があるので時間を気にせずにラパーンと戦える。
ラパーンは1体だけなので、疲れて寝転がるスキをついてダメージをあたえれば倒せるだろう。

ワポル
医療大国として世界に名高いドラム王国の元国王だが、黒ひげによるドラム王国襲撃時には真っ先に逃げ出した。
ワポルは「パクパクの実」の能力者で、どんな物でも食べることができ、食べた物でパワーアップする。
体がブリキで覆われていて、両手に仕込んでいる大砲で攻撃してくる。
戦略はワポルが地面を食べて潜(もぐ)る攻撃のスキを狙うのだが、一度潜って再び出現し転がった直後にショックマークが出るので、この時ワポルを攻撃すればいい。
画面の簡易マップでワポルの位置が確認できるので、ワポルに向かって移動すれば回避でき、また直後のスキも狙いやすくなる。
戦闘中にワポルの体力ゲージが残り2本になると、操作キャラクターがチョッパーに変更になる。
まずは配下を倒し必殺ワザゲージを溜めて必殺ワザでワポルを攻撃しよう。
そして体力ゲージが残り1本になると再びルフィに操作が戻る。
ワポルが最強状態になる前は、物を使わないで攻撃して、最強状態になったら物を食べさせて、倒してからダメージを与えるようにする。
ワポルの体力がなくなるとリアルタイムイベントが発生して、"ゴムゴムのバズーカ"でトドメを刺すようになる。

MR.3
ロウを自在にあやつり生身の人間をロウで固めたりもする「ドルドルの実」の能力者のMR.3。
バロックワークスのオフィサーエージェントで昇格に強い願望がある。
能力を活かし、出現させたロウで槍(ヤリ)を作って遠距離の攻撃をしてきたり、剣を作って近距離でで戦ったりと、ロウを自在に変化させることができる。
こちらの戦略は、MR.3が剣やオノで攻撃してきたら、回避して回りこみ"三点切符(さんてんテクバージュ)"でダメージを与えればいい。
また、ロウに乗ってサーフィンのように滑ってきたら攻撃のチャンスになる。
滑ってきたあとにショックマークが出るので、その時はMR.3との距離を少し開けて避けておき、滑り終わったら素早く接近して攻撃しよう。
ルフィたちが水に浸かるまで3分なのだが、ロウのドームを作ると動かなくなるので、休まず攻撃しなければならない。
しかしMR.3は、体力ゲージが一本になるとロウでドームを作って防御を固めてくるのでドームを壊せばいい。
ドームを壊したときも、ショックマークが出るのでこの時に攻撃を当てて、仲間が溺れる前にMR.3を倒そう。

クロコダイル
王下七武海(おうかしちぶかい)にして秘密結社バロックワークスのボスであるクロコダイル。
クロコダイルは「スナスナの実」の能力者であり、体を変化させて戦うのが特徴だ。
相手の攻撃は強力で、接近すると「かぎ爪」などの攻撃でダメージを受けやすくもなっている。
また全身を砂に変化させて突進してくる技は、威力が高く、発動中はダメージを受けない。
こちらの戦略は、攻撃を避けるために横に移動しながら、遠距離でも攻撃を当てられる「ゴムゴムの銃」を使って少しずつダメージを与えていくことになるだろう。
砂に変化したクロコダイルの動きをよく見て、直前で回避し、クロコダイルが砂から戻るときにショックマークが表示されるので、この時が攻撃を仕掛けるチャンスになる。
体力ゲージが残り一本になると砂の竜巻を起こす"砂嵐(サーブルス)"と、腕を複数の砂の刃に変えて飛ばす"砂漠の金剛宝刀(デザートラスパーダ)"を使ってくる。 "砂嵐"は威力がとても高くルフィを引き寄せる効果があるので、この攻撃の時はダッシュで逃げよう。

クロコダイル(再戦)
クロコダイルとの再戦となるのだが一切手加減せずに本気でこちらに襲いかかってくる。
水分を吸って地割れを起こす"干割"や、さらに強力な"浸食輪廻(グラウンデス)"も使ってくる。
クロコダイルの体力ゲージが残り2本になると、"干割"で地割れを起こして攻撃してくるが、ダッシュすれば範囲外まで逃げられる。
また、水が出る像を叩くと、水ルフィに変身し、水で攻撃して気絶させられる。
そして体力ゲージが残り1本になると"浸食輪廻(グラウンデス)"を使ってくる。
エリア内の地面すべてが攻撃範囲になるので、柱に捕まって避けよう。
柱につかまることができたらダメージリアルタイムイベントが発生して大ダメージを与えられる。
もし柱が見当たらない場合は画面のミニマップで確認できる。
クロコダイルの体力ゲージがなくなるとリアルタイムイベントが発生して"ゴムゴムの暴風雨(ストーム)"でトドメをさせる。

モンキー・D・ルフィ
ウソップ操作でルフィと戦闘になる。
ウソップの攻撃ではあまりダメージをあたえられないので、周囲に仕掛けている罠を使って攻撃するようになる。
戦略としてはウソップ工場の周りをグルグルと逃げながら攻撃し、ルフィを罠に誘いこんだら、罠を攻撃してダメージを与えることになる。
しかし、ダメージを与え続けルフィの体力ゲージが残り1本になったときは、ウソップの罠も使い切っている。
最後の手段で"風貝(ブレスダイアル)"を投げて攻撃するとバトル終了となって、リアルタイムイベントが発生する。
"風貝"は近距離で使うと当てやすい。

フランキー
解体屋「フランキー一家」の棟梁・フランキー。
戦略としては、フランキーがステージの上にいるときは砲弾が止まらないので、ステージに上がり叩き落さないといけない。
押し出すように攻撃すれば、後ろにとびのき勝手に落ちてくれることもある。
ダメージを与え続け、フランキーの体力が半分になると「フランキー一家」が出現する。
先に子分を攻撃して必殺技ゲージを溜めて"ゴムゴムの回転弾(ライフル)"でダメージを与えよう。

ブルーノ
世界政府の諜報機関CP9のブルーノ。
ブルーノは「ドアドアの実」の能力者で、"六式(ろくしき)"と呼ばれる体術を使って攻撃してくる。
相手の攻撃で気をつけなければいけない技が、六式の一つの"嵐脚(らんきゃく)"という技だ。
また"空気開扉(エアドア)"と呼ばれる技で、隔てるものを扉にして思わぬところから出現しコンボで背後から奇襲されることもある。
"空気開扉"は直線上に飛んで向かってくるので、発動を見てから左右にダッシュで回避すればいい。
こちらの戦略は、ブルーノが肉体の硬度を高めて攻撃を防ぐ"鉄塊(てっかい)"という技を使い終わった後にスキが生まれるので、このときのスキを狙って攻撃し、気絶させるような戦いかたになる。
注意しないといけないのが"鉄塊"の構えを見せたら、こちらは攻撃をやめること。
そしてスキができてから一気に攻撃して、リアルタイムイベントが発生したら大ダメージを与えるチャンスになるので、しっかり攻撃しよう。

ブルーノ(再戦)
CP9ブルーノの動きは前回で戦ったときと同じなので、相手の動きをよく見て"鉄塊(てっかい)"のスキに攻撃すればいい。
ブルーノは前回と同じように"空気開扉(エアドア)"で死角から"嵐脚(らんきゃく)"で攻撃してくる。
同じ位置にいるとブルーノの技が当たってしまうので、動き回っていれば心配ない。
ブルーノの体力が半分になると、バトルは2回戦に突入する。
ルフィの新たな力の"ギア2"が発動して技の速さや威力が一気にパワーアップする。
"ギア2"はルフィが新たに編み出した仲間を失わないための力になる。
また"ギア2"で発動する"ゴムゴムの回転弾"はケタ違いに強力だ。
最後はリアルタイムイベントで"ゴムゴムのJET銃乱打(ジェットガトリング)"がブルーノの"鉄塊・剛"を貫いてクリアとなる。

ジャブラ&カク&ロブ・ルッチ
この戦いでは操作キャラを交代しての3連戦になる。
まずはじめに、サンジVSジャブラの対決。
動物系悪魔の実、「イヌイヌの実」モデル狼(エルフ)の能力者でCP9で唯一、全身を「鉄塊」状態にしたうえで動けるジャブラ。
その特性を活かした"鉄塊拳法"を操つり硬さと素早さを合わせ持っている。
この対決ではナミとそげキングがやられてしまうとゲームオーバーになるので、反対側に移動してナミとそげキングの距離を引き離したほうが安全だろう。
ポイントとしては宝箱が置いてあるところが戦いやすい。
ジャブラが仕掛けてくる攻撃は威力はそこまで高くないので、恐れずに突っ込んで攻撃しても大丈夫だろう。
リアルタイムイベントでサンジの必殺技の"悪魔風脚"でトドメをさして勝利できる。
2回戦目は、ゾロVSカクの対決。
動物系悪魔の実、「イヌイヌの実」モデル麒麟(キリン)の能力者で両手の刀と両足の"嵐脚"を使う"四刀"で近づくもの全てを切り裂くカク。
カクが使ってくる"嵐脚・周断"という技は攻撃範囲が広く、下手に近づくと大ダメージをくらってしまう
戦略は刀のリーチが届かない距離で戦うこと。
また"鼻銃(びがん)"という頭突きのような技は外したときのスキがかなり大きいので、最初の一撃目さえ避けてしまえば気絶も狙える。
3回戦目は、ルフィVSロブ・ルッチの対決。
CP9最強の男で、動物系悪魔の実、ネコネコの実モデル「豹」の能力者で六式を極限以上に極めた者が使う、最終奥義"六平銃(ろくおうがん)"が必殺技のロブ・ルッチ。
戦略は連続攻撃をしても、なかなかひるまないのでコツコツとダメージを与え、[攻撃しては離れる]を繰り返すしかない。
ロブ・ルッチの技の"最大輪" 六・王・銃"は後ろに避けると追いつかれてしまうので前ダッシュで回避しよう。
また、船の上から"嵐脚"を打ってきたら"ゴムゴムの風船"で弾いた砲弾につかまり移動ができる。
ゴムゴムアクションで船の上に移動して全ての海兵を倒すと、ダメージリアルタイムイベントでダメージを与えることができる。
合計3回のリアルタイムイベントがあり、全て大成功させれば、コインを大量にゲットできる。

パシフィスタ
パシフィスタとの戦闘。
前回と戦略は同じで"レーザー"攻撃などをさけて、背後に回り込んでから攻撃するようになる。
パシフィスタは連続で"レーザー"を放ってくるので距離を詰めつつ背後から攻撃すればいい。
またブルックの"眠り歌・フラン"は強力なのでロビンとの仲間ストライクを活用していこう。
"眠り歌・フラン"は敵を眠り状態にでき、無防備の敵に攻撃し放題となる。

黄猿
海軍本部の大将の座につき、自然系悪魔の実「ピカピカの実」の能力者で、体を光に変えて"高速移動"や"レーザー攻撃"ができる光人間の黄猿。
戦略は黄猿もパシフィスタと同じでレーザーで攻撃してくるので小まめにダッシュして、背後に回り込んでから攻撃すればいい。
黄猿は体力がへると、ナワバリからナワバリへの瞬間移動を始める。
移動したところにいる仲間の体力に気をつけて、黄猿を追いかけよう。

マゼラン
超人系悪魔の実、「ドクドクの実」の能力者で全身から分泌される毒液に触れた者を、一瞬で毒に侵してしまう恐ろしい能力の持ち主の監獄所長マゼラン。
3つ首の竜の形をした毒をぶつける"毒竜(ヒドラ)"は強力な麻痺性の神経毒で、触れたものを死の淵に追いやるので気をつけないといけない。
戦略は、触れただけで毒状態になってしまうので、薪を拾ってマゼランに当てて気絶させるのだが、この時に距離をとって投げれば、安全に攻撃までつなげられる。
体力が残り1ゲージになると"毒竜"を使ってくる。
"毒竜"はゴムゴムアクションでしか回避できないので、全力でアクションポイントまで退避しよう。
マゼランは"毒竜"を出しているあいだは無防備になるので、このスキにコンボを決めればいい。

マゼラン(再戦)
このステージではMr.3との連携でルフィの拳はロウで固めていて、生身で触れる必要がなので安全に戦える。
敵はマゼランのほかにも看守たちがたくさんいるので、この時はゴムゴムの鞭で周りを巻きこみながら攻撃すればラクに倒せる。
攻撃できるからといいっても油断は禁物で、マゼランの攻撃が強力なことには変わりはないので、技の構えを見せたらダッシュで後退して回避しよう。
最後はリアルタイムイベントが発生して"ゴムゴムの巨人スタンプ"が炸裂する。

ハンニャバル
インペルダウンの副署長で、常に自分が署長になることを考えている野心家のハンニャバル。
"焦熱地獄車(しゃくねつじごくぐるま)"は武器の血吸に火を灯し、回転させて突撃してくるので血吸をかがけたらダッシュで横に逃げよう。
また残る炎でもダメージを受けるので"焦熱地獄車"中は距離をとり、炎が消えるのを待たなくてはいけない。
戦略は一直戦に突っ込んでくる"突進攻撃"の後が攻撃のチャンスとなるので横にかわしてコンボを狙えばいい。
しかし攻撃のチャンスの時間が短いので、できるだけ発生の速い技で攻撃しなければならない。

マーシャル・D・ティーチ
黒ひげ海賊団船長にして、エースを監獄送りにし、最も凶悪とされる自然系悪魔の実、ヤミヤミの実の能力者のマーシャル・D・ティーチ。
ティーチの技で気を付けないといけないのが"解放(リベレイション)"で、範囲内にいると、強制的に連続攻撃をうけてしまう。
解放の技の構えを見せたら急いでティーチから離れないといけない。
戦略は、こちらを引き寄せる"闇水(くろうず)"という技が外れたときが攻撃のチャンスとなるので、ギリギリまで引き寄せられて攻撃にしよう。
しかし寄せられすぎないように注意が必要になる。

青キジ
海軍本部大将で自然系悪魔の実、"ヒエヒエの実"の能力者の青キジ。
体を氷に変えることができ、そこから発するレイキであらゆる物を凍結させる氷結人間だ。
青キジの技で注意しないといけないのが、"氷河時代(アイスエイジ)"と"アイスタイム"だ。
これらの技を受けてしまうと氷結状態になってしまう。
しかし氷結状態になってもボタン連打で解除ができる。
解除が早ければ逆に攻撃のチャンスとなり、解除が遅ければ氷塊を落とされて大ダメージを受けてしまうので覚えておこう
戦略は、青キジの技の特性を活かし、青キジの近くでワザと"氷河時代(アイスエイジ)"をくらって、早く解除してから攻撃すればいいだろう。

戦桃丸
海軍本部科学部隊隊長で"世界一口が固い男"だが"世界一ガードが固い男"でもある戦桃丸。
"武装色の覇気"を使い、それを用いた"足空独行(あしがらどっこい)"はとても強力だ。
パシフィスタと戦桃丸との戦闘では"メロメロ甘風(メロウ)"で海兵の動きを止めれば戦いやすくなる。
このステージではかなりの大乱戦になるので"メロメロ甘風"でどんどん石化を狙っていきたい。
しかし3体同時に相手にするのはキツイので、先にパシフィスタを倒して最後に戦桃丸と戦うようにしよう。
時間はかかるが、戦桃丸だけになればラクに勝てるだろう。

赤犬
戦略としては、赤犬が飛ばす溶岩を避けながら、海兵を倒して必殺技ゲージをためる。
空から落ちてくる溶岩は地面に映る影を確認すれば避けられるはずだ。
そして"流星火山"で両手を上げる時にスキが発生するので、このスキを狙って必殺技でダメージを与えよう。
また仲間ストライクも効果大だろう。


[TOP]

(C)ワンピース海賊無双攻略